« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月 9日 (木)

2009年3月の活動報告

2009年3月の保全協の活動をご報告します。

・八重山サンゴカフェーについて
3月13日に第9回八重山サンゴカフェーを、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開催いたしました。
詳細はコチラ→ http://hozenkyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/yaeyama-coral-c.html

・リユース食器の購入および利用について
3月10日にリユース食器を購入しました(うどん丼:250枚、中皿:300枚、カップ:350個、トレー80枚、塗り箸:150膳、スプーン:114本)。
また、3月15日に初めてリユース食器が活用されました。
詳細はこちら→ http://hozenkyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/2009-in-0c4a.html

・サンゴ定着基盤設置試験への協力について
2月に鹿島技術研究所の山木さんより協力依頼があった、「サンゴ定着基盤設置試験」をお受けすることになりました。企画書等、詳細は4月上旬に改めてご連絡いたします。

・保全協発のサンゴ保全ネットワークブログについて
保全協が事務局を務める「サンゴ保全ネットワークブログ」を継続中です。現在、4団体(参加表明団体は6団体)が書き込んでおりますので、是非ご覧下さい。
今後、いっそうPR活動を行い、地道に参加団体を増やしていけたらと考えております。
Coral Unionのブログはコチラ→ http://blog.livedoor.jp/coral_union/

・メーリングリスト上での情報提供、意見交換
サンゴワークショップの開催案内、泡瀬干潟関連イベントの案内、大浦湾関連のシンポジウム及びパンフレットの案内、海辺の環境教育フォーラムの案内、オニヒトデ関連情報募集とそれに関するご意見、会員の異動 について、情報提供、意見交換がありました。

・事務局より
保全協ウェブサイト http://homepage3.nifty.com/sango-hozenkyou/ のリニューアル案を引き続き募集しております。お気づきの点等がありましたら、どしどしご意見をお寄せ下さい。
第10回八重山サンゴカフェーを5月後半に開催したいと考えております。日時や、場所、話題などについてリクエストがございましたら、事務局までご連絡下さい。

*会員動向(3月):2名の方が新たにメーリングリストに登録されました。3月31日現在、95名がメーリングリストに登録されております。

*4月の予定:4/13~15:サンゴ定着基盤設置試験・基盤設置

| | コメント (0)

「海辺の環境教育フォーラム2009 in 石垣島」で食器リユース!

3月10日に八重山サンゴ礁保全協議会で購入したリユース食器が、初めて活用されましたので、その様子をご紹介します(リユース食器の詳細については、追って保全協のウェブサイトでお知らせいたします。今しばらくお待ち下さい)。

「海辺の環境教育フォーラム2009 in 石垣島」実行委員会の依頼により、3月15日に大浜公民館で実施された「海辺の環境教育フォーラム2009 in 石垣島」内の一般公開イベント「海童祭」に、リユース食器の貸出を行いました。

当日は、約20名の八重山高校の有志が食器リユースシステムを運営しており、回収→洗浄→添付へ再配布 という、完全リユースシステムを実行しました。

01
リユース食器に盛りつけられたモズクてんぷら

03
食後は回収ステーションへ

04
こちらが回収ステーション 八重高有志の皆さんが頑張ってくれています

05
回収ステーションに集められた食器は、洗い場で洗浄・殺菌され、再び店舗に配布されます

海童祭には、総勢500名以上の方が参加され、お昼時間には、カレー、炊き込みご飯、そば、天ぷら、飲み物など、500食を越える食事がリユース食器で配膳されました。残飯や簡易拭き取り用のウエス、ストロー、キッチンペーパー等、やむを得ず出てしまうゴミもありましたが、それでも最終的にでたゴミはゴミ袋たったの3袋でした。

残念ながら、準備した食器がごく少数ではあるものの紛失してしまいました。今回の成果と反省点を再確認し、今後より効率的で使いやすいシステムを模索していかねばと思っています。少しずつでも八重山地域のイベントで食器リユースという選択肢を検討してもらい、ゴミの減量化を考えるきっかけになればと考えています。

リユース食器に関するお問い合わせは、

八重山サンゴ礁保全協議会・事務局
 (環境省 国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター内)
 担当・佐藤まで、お電話かEメールで

 電話:0980-82-4902、Eメール:NQF52944@nifty.com

| | コメント (0)

[Yaeyama Coral Cafeteria Project-vol.09]のご報告

3月13日に第9回八重山サンゴカフェー [Yaeyama Coral Cafeteria Project-vol.09] を開催致しましたので、その様子をご報告致します。

今回は、例年開催している「モニタリング報告会」をサンゴカフェーとして実施いたしまいた。また、「海辺の環境教育フォーラム2009 in 石垣島」のプレワークショップとしても位置付けたことで、多くの方(37名)のご参加を頂きました。

2007年夏のサンゴの白化や、その後のオニヒトデの急増など、八重山のサンゴ礁の状況は大きく変化しているようです。今後、私たちはサンゴ礁保全のために何をしなければいけないのか?を考えていくためには、サンゴ礁の現状を正しく理解する必要があります。
そこで、八重山周辺海域で長年サンゴ礁の調査を実施されている会長の吉田さんと、コーラルネットワークの宮本さんより、八重山のサンゴ礁の最新情報を話題提供していただきました。

場所は、八島町の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターです。

まずは、吉田さんより、主に環境省の「モニタリングサイト1000事業」による石垣島周辺のサンゴ群集の調査結果をもとに、現状をお話しいただきました。

090313v901

次に、宮本さんより、リーフチェックによる八重山周辺のサンゴ群集の調査結果 から、モニタリング調査の必要性をお話しいただきました。

090313v902

ご参加頂いた皆様ありがとうございました。また、進行を支えて下さったスタッフの皆様、お疲れ様でした。

今後も、2~3ヶ月に1回程度のペースで継続して実施していきたいと思っております。サポートして下さるスタッフを随時募集致しておりますので、ご連絡頂けましたら幸いです。また、「もっとこうしたらいいのでは?」など、ご意見もどしどしお寄せ下さい。

なお、次回・第10回サンゴカフェーは、5月後半に実施したいと考えております。詳細が決まり次第、ご案内いたします。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »