« 最近の観察情報まとめ(7/6-20) | トップページ | 最近の水温 »

2010年7月23日 (金)

最近の観察情報まとめ(7/18-21)

石西礁湖内の水温は、まだ高い状態が続いているようです。
*環境省の石西礁湖常時モニタリングブイのデータ(http://www.e-monitoring.jp/)より計算した日平均水温のグラフ(6/27-7/22)
Wt100723
7月5日から日平均水温が30.0℃以上の日が続いています(18日目)。19日以降は毎時水温が常に30.0℃を上回り、日平均水温も30.5℃を超えています(4日目)。

 

保全協メンバーの皆さんからお寄せいただいた海の観察情報をまとめて報告いたします。

◎石垣島・米原での観察
・7月18日 勝見さんからの情報(写真も)より
7月16日9:30-10:30 米原西側の状況(水温:イノー内 約30℃、リーフ外 約29℃)
ビーチ近くでは特に変化は見られない(水深と地下水の影響か?)
礁原中央部に向かって、小さいミドリイシ類の白化が目立つようになる。
リーフエッジ部分ではハナヤサイサンゴ類やキクメイシ類が帯状に白化している。

10071604_3
礁原落ち込みの直前、帯状に白くなっている(右手が外洋)

10071605_310071607

エッジの外側は今のところ全く影響はないようだ。
単に海水温の影響だけではなく、太陽光による紫外線等の影響もあるのかもしれないと感じた。

◎石垣島・川平湾内での観察
・7月21日のML 辻さんより
川平湾内の水温が異常に上昇しており、上げ潮時に高いところでは34℃、グラスボート発着場付近では31-32℃を記録しています。

◎石垣島・大崎~屋良部崎間での観察
・7月22日 米田さんからの情報より
昨夜は雨、くもりがちにもかかわらずは水温31℃。ごく浅いところのサンゴは白化が進み、ほとんどが白化、パステルカラーの水色の状態のものもいくつか残っています。
少し沖では、先週より白化が進んでいる様子はなかったです。

|

« 最近の観察情報まとめ(7/6-20) | トップページ | 最近の水温 »

情報」カテゴリの記事

白化」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。