サンゴの産卵

2010年9月 8日 (水)

最近の観察情報のまとめ(8/5)

すでに9月になってしまいましたが、前回のまとめ以降に届いた観察情報をまとめて報告します(一部編集しています)。

◎石垣島・大崎~屋良部崎間での観察
・8月5日 米田さんからの情報より
8月1日の夜、海の匂いがしきりにしていました。サンゴが産卵したのでは?と言っていたら、(8月2日の保全協MLでの)スリック情報で、やっぱりと思いました。
この前日までは、ずっと天気が悪く、この日は久しぶりの晴れで、満月の夜のような明るさを感じた日でした。

なお、8月1日にシュノーケリングした友人の情報では、7月17日より白化は進んでいたそうです。

*環境省の石西礁湖常時モニタリングブイのデータ(http://www.e-monitoring.jp/)より計算した日平均水温のグラフ(6/27-9/7)
Wt100907

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

最近の観察情報まとめ(7/30-8/4)-スリック情報

8月に入りましたが、八重山でサンゴのスリックが観察されたようですので、まとめて報告いたします(一部編集しています)。

◎小浜島でスリックを確認
・8月2日のML 野口さんより
昨夜、小浜島周辺でサンゴの放卵があったようです。本日、小浜島北側の海域に大量のスリックを確認しました。例年より3ヶ月遅いようです。

◎石垣島・米原でスリック?を確認
・8月2日のML 大堀さんより
本日、米原でシュノーケリングをしたら、白っぽい浮遊物が大量に漂っており、非常になまぐさかったです。サンゴの産卵のときみたいだなと思っていましたが、どうやらスリックだったみたいですね。

*8月1日の晩に産卵があった可能性があるようです。満月(7/26)から6日後、下弦の月の2日前というタイミングにどんなサンゴが産卵したのか、興味深いですね。

8月1日から、石西礁湖内の水温がまた高くなりだしました。1週間強の「中休み」がどう影響するか、今後もサンゴの状態から目が離せません。昨年の今頃は台風8号が接近したため水温が大幅に低下しましたが、今年の台風は接近しないどころかまだ3号とは!心配です。
*環境省の石西礁湖常時モニタリングブイのデータ(http://www.e-monitoring.jp/)より計算した日平均水温のグラフ(6/27-8/4)
Wt100805   

7月5日~23日までの19日間、日平均水温が30.0℃を超えていましたが、23日から水温が低下し、24~31日までの8日間、日平均水温が29.5℃を下回っています。8月1日から再び水温が上昇し、8月3日以降、日平均水温が30.0℃を超えています(2日目)。

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

サンゴの産卵情報2010 その2

2010年のサンゴ産卵情報 その2 をお送りします。

・2010年6月29日にいただいた情報
5/26の夜に、玉取崎近辺でスギノキミドリイシ、ウスエダミドリイシなどの産卵(小規模)があったようです。その前の大潮では産卵はみられなかったようです。いずれも地元の方からの情報です。
(山木さん)

・2010年7月4日のMLより
7月1日 チジミウスコモンサンゴ産卵
7月2日 アナサンゴ、アザミサンゴ(放卵、放精)、アナサンゴ、コカメノコキクメイシの産卵
7月3日 アナサンゴ、アザミサンゴ(放精)、ノリコモンサンゴの産卵
(岩本さん)

皆さん、ありがとうございました!
八重山での産卵はそろそろ終盤と思いますので、近々いただいた情報を基に図面に落としたいと思います。情報提供をして下さった皆様、ありがとうございました!

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

サンゴの産卵情報2010

5月上旬にサンゴの産卵情報を募集したところ、いくつかの情報をお寄せいただきましたので、まとめてご報告します(遅くなってしまい申し訳ございません…)。

・2010年5月11日にいただいた情報
5月4日、米原の東域、通称ヤドカリ浜でスリック漂着を確認しました。
Wリーフからのものだろうとのこと。比較的小規模だったようです。(勝見さん)
100623

・2010年5月12日にいただいた情報
珊瑚の産卵ですが、2日に観察してきました。場所は北部のリーフ内です。
ヒメイボコモンサンゴ、モリスコモンサンゴ、イワハマサンゴ、ノリコモンサンゴ、コイボコモンサンゴ
以上のサンゴたちの産卵が確認されました。(三輪さん)

*5月4日付けの八重山毎日新聞に、5月1日の夜、石垣島伊原間沖のリーフ内で産卵を確認した との記事が掲載されていました。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/15918/

*5月28日付けの毎日新聞に、5月27日の夜、竹富島沖で産卵を確認した との記事が掲載されていました。
http://mainichi.jp/select/today/news/20100528k0000e040011000c.html

*5月30日付けの朝日新聞に、5月26日の夜、石垣島北部で産卵を確認した との記事が掲載されていました。
http://www.asahi.com/national/update/0529/SEB201005290009.html

*6月17日付けの沖縄タイムス、琉球新報に、5月7日の夜、環境省が黒島沖に移植したサンゴの産卵を確認した との記事が掲載されていました。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-06-17_7324/
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-163706-storytopic-1.html

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

八重山のサンゴ産卵マップ2009

ずいぶん遅くなってしまいましたが、「八重山のサンゴ産卵マップ2009」を作成しました!

今年は、5月8日から7月8日まで、長期にわたり多くの方々から情報をお寄せいただきました。大変ありがとうございました。来年も是非よろしくお願いいたします!

また、海に関する情報、変わった現象の目撃情報などについても、随時紹介して参りますので、情報提供よろしくお願いいたします。

2009

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

サンゴの産卵情報2009 final

産卵情報 その5 から時間が経ってしまいましたが、6月15日以降の産卵情報をここでまとめて、2009年のサンゴ産卵情報を締めくくらせていただきます。近日中に産卵情報マップも公開いたしますので、今しばらくお待ち下さいね。

・2009年7月7日にいただいた情報
6日15時ごろ飛行機内から巨大スリック(数百m(数キロ?あるかな))を確認。
場所は平野集落から岩崎ぐらいにあたる石垣島北東部数キロ先です。(吉田さん)
090706

・2009年7月8日にいただいた情報
8日朝、飛行機から竹富島南東側(南側?)に1-2kmほどのスリックを確認。(山木さん)

・2009年7月8日にいただいた情報
川平石崎 マンタのポイントで、3日前(*7月5日)の日中(11時頃)サンゴが産卵していたようです(現地のダイバーに聞いた話)。(内藤さん)

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

サンゴの産卵情報2009 その5

2009年の産卵情報 その5をお送りします。沖縄本島周辺からもいくつか産卵情報がニュースで取り上げられたいますね。6月13日には、奄美でも産卵がみられたようです。

http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009061501000506.html

サンゴ産卵前線も、北上中のようですね。

・2009年6月10日にいただいた情報
6日に川平石崎、マンタスクランブルで水面50センチ〜1m程度の幅で、スリックが漂っていました。
また、米原ビーチでも、帯状にスリックが観察されたようです。
(内藤さん)

・2009年6月14日のMLより
昨夜(13日)、8:45アナサンゴの産卵を確認しました。
1個体だけですが、かなりの量の産卵でした。
14日朝、干立、祖納沖でスリックを確認しました。
昨夜のアナサンゴも浦内川河口南側ですからこのあたり一帯で産卵があった模様ですね。
(岩本さん)

・2009年6月15日にいただいた情報
5月29日金曜日 大原発のフェリーから、大原港を出港してすぐ(8:57)の場所で、ピンク色の細い帯状の塊になって浮いているものを見ました。たぶんサンゴの卵だと思います。
最初小さな面状になっているものをみて、そのすぐあとに細い帯状(線状)に1,2分間長くのびているものを見ました。(浅利さん)
090615_3 
*写真右端と左端にピンク色の浮遊物がみえます

八重山での産卵はそろそろ終盤と思いますので、近々いただいた情報を基に図面に落としたいと思います。情報提供をして下さった皆様、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

サンゴの産卵情報2009 その4

2009年の産卵情報 その4をお送りします。「6月上旬にももしかしたら産卵があるかも」と言われていましたが、先週末に産卵があったようですね。この他にも「見たよ!」といった情報がありましたら、引き続き情報提供よろしくお願いいたします。また、八重山以外の地域にお住まいの方も、地元のご様子をお伝えいただければと思っていますので、よろしくお願いいたします。

・2009年6月5日にいただいた情報
本日、富野でサンゴ卵の浮遊を確認しました。昨夜産卵があったようです。
(鈴木さん)

・2009年6月6日にいただいた情報
本日、竹富島北西「ギーラピー」にてスリックを確認致しました。
昨日の北風と波で攪拌されているようで、完全に浮いた状態の物は少ないのですが、水深50cmぐらいまでの範囲でまばらに漂っている状態です。
臭いは同じあたりで昨日5日からしておりました。
(谷岡さん)
P6060008

・2009年6月8日に頂いた情報
先週土曜日に、石西礁湖内のマルグーから新城島にかけて、広くスリックを確認しました。
(藤原さん)

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

サンゴの産卵情報2009 その3

2009年の産卵情報 その3をお送りします。6月上旬にももしかしたら産卵があるかもしれませんので、引き続き情報提供よろしくお願いいたします。また、八重山以外の地域にお住まいの方も、地元のご様子をお伝えいただければと思っていますので、よろしくお願いいたします。

・2009年5月15日のMLより
5月13日 石垣漁港から小浜島周辺モズク漁場へ向かう途中(竹富島南西海域)で小規模のスリックを目撃
5月15日 波照間漁港にて漁港管理担当職員が漁港斜路にスリックが打ち上げられているのを確認
(中村さん)

・2009年5月16日のMLより
昨日、西表島の星砂の浜にスリックが漂着していました。周りに生臭いにおいがしていました。
今日(16日)、バラス西方位面に海面にスリック確認。やはり、生臭いにおいがしていました。(岩本さん)

・2009年5月18日に頂いた情報
5月15日に宮古諸島池間島でサンゴのスリックを確認したとの情報がありました(小林さん)

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

サンゴの産卵情報2009 その2

前回の [産卵情報 その1] 以降も、どしどしと情報をお寄せいただきましたので、その後の情報をまとめてご報告します。
6月上旬の満月周辺にも産卵があるかもしれませんので、引き続き情報提供よろしくお願いいたします!

・2009年5月13日のMLより
本日、野底崎北東側の海岸でもスリックの漂着を確認しました。周囲は、非常に生臭くなっています。(大堀さん)
09051501

・2009年5月13日のMLより
今朝、黒島、新城島西海域でスリックが観察できました。例年に比べると小規模でした。昨年の台風の影響かと思われます。(小倉さん)

・2009年5月13日にいただいた情報
前日に竹富島北東部(リーフ外)と小浜島の南側・東側でサンゴのスリックを確認。幅は細いが長く連なっていた。(太田さん)

・2009年5月13日にいただいた情報
本年は最初に5月3日と4日に竹富北海上にて航行時に臭いを感じました。このとき、海面上を注視したのですがスリックは発見できませんでした。
また、5月8日に鳩間島西側にてオニヒトデ駆除の際にツツウミヅタの産卵を確認しております。
5月10日昼には竹富北西側の「ギーラピー」にて海面上でスリックを確認しております。
5月11日にはカヤマ島西側にて産卵を確認しています(写真は藏當さん撮影)。
09051502
10,11日についてはいずれも小規模な産卵と思われます。(谷岡さん)

・2009年5月14日の情報
大堀さんほかの方から、「全日の夜、スリックの臭いが野底周辺に充満して大変だった」、「野底~伊原間にかけてサンゴの産卵を確認した」との情報をいただき、野底の浜(上記の大堀さんが前日に撮影された地点とほぼ同じあたり?)に行ってみました。
09051503
スリックの漂着を確認しました。
また伊原間沖でシュノーケリングをした際にも、海面にサンゴの卵と思われるツブが漂っているのを確認しました。(佐藤)

・2009年5月15日の情報
13日:大田のサラ浜(トンネル出て右、一番最初のビーチ)にて。匂いは全然ありません。量もそんなに多くはないです。
http://blog.livedoor.jp/rinpana/archives/834356.html
14日:大田の海岸(バス停のところ)にて。だいぶ生臭くなっていました。大量って程じゃないですが、わりと量もありました。
http://blog.livedoor.jp/rinpana/archives/834371.html
(内藤さん)

*本日(5月15日)付けの八重山毎日新聞1面に、5月13日の夜、竹富島北側リーフで産卵を確認した との情報もありました。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/13622/

*また、本日(5月15日)付けの沖縄タイムス28面に、5月14日、石垣島桴海の海岸でスリックの漂着を確認した との情報もありました。
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-05-15-M_1-028-1_002.html

| | コメント (0)